特定非営利活動法人 きのくに子どもNPO

子育て
親子で自由に遊べる「ぐるんぱ」
ファミリー・サポート・センター
一時保育とシッター派遣「きのくにっこ」
児童発達支援「親と子の広場・アン」
児童発達支援「親と子の広場・ポコ」
まなぶ・つながる
こども
みる
あそぶ
つくる
子どもの居場所「チャティー・もあ」

特定非営利活動法人 きのくに子どもNPО

〒640-8401 和歌山市福島487 ルミノーゾふるい1-C

TEL/FAX 073-452-7710
kinokuni.kodomo@nifty.com

みる

劇に出てくる、良い人、悪い人、強い人、弱い人、いろんな人が良いこと、悪いこと、やってみたいこと、自分がやったら怒られることをする。子どもたちはそれを応援したり、腹を立てたり、うらやましく思ったり、同情したりしているうちに、他人を認め思いやる気持ちや、信じる心が生まれてくるのではないでしょうか?いろいろな作品にたくさん出会って見続けてほしいと思っています。

今度の鑑賞
  • 幼児対象人形劇

    カボとピノ



  • 日時:2019年2月9日(土)
    時間:13:30~14:30(開場13:15)
    場所:和歌山市民会館 市民ホール

    <あらすじ>
    ピノは、お兄ちゃんのカボと同じことをしたくてたまりません。「ぼくだってできるもん」とカボの真似をしようとします。輪投げ、玉乗り、魚釣り、高いところから飛び降りたり、カボの帽子を欲しがったり。カボに「ムリだって」と言われると、ピノは「ムリじゃないー」と行動が激しくなって。真似どころかとんでもないことが起こります。気がやさしくて慎重なカボと負けず嫌いで調子乗りのピノのお話。

  • 高学年対象
    ちゃんぷるー、私が幽霊!?修学旅行
  •  

    日時:2019年3月20日(水)
    時間:18:30~19:40
    場所:和歌山市民会館 市民ホール

    <あらすじ>
    中学二年の華蓮にとって、ペア行動を伴う修学旅行はウザいの一言。事前平和学習ばっちりの愛梨とはまったくかみ合わない。首里城やひめゆり部隊の戦跡(伊原第三外科壕)を回ってもガイドの話に耳を傾けない。しかし、その伊原第三外科壕を出たところで華蓮の様子が急変、気を失ってしまう。すっかり別人と化してしまった華蓮には幽霊がとりついてしまったのだ。その幽霊とは大城キク、ひめゆり学徒隊として伊原第三外科壕で命を失った14歳の女の子である。このキクが華蓮とは正反対ですこぶる明るい。クラスメイトたちの華蓮を見る目も変わっていく。そしてキヨは、華蓮の身体を使い、自らがやり残したことをやりたいと思いだすのだが……。


2017年度の舞台鑑賞
  • 幼児・低学年向け
  • カボとピノ 人形劇団ココン 2019年2月9日(土) 市民会館 市民ホール
    すてきな三人ぐみ アートプラン 2019年6月1日(土) 市民会館 市民ホール
    サーカスの灯 ラストラーダカンパニー 2019年11月10日(日) 市民会館 市民ホール
    はれときどきぶた ひとみ座 2020年2月16日(日) 市民会館 市民ホール(予定)
  • 高学年向け
  • ちゃんぷるー 日本児童・青少年演劇劇団共同組合

    2018年3月20日(水)18:30~

    市民会館 市民ホール
    モテたいい症候群 岡田健太郎事務所 2019年6月23日(日) あいあいセンター
    サーカスの灯 ラストラーダカンパニー 2019年11月10日(日) 市民会館 市民ホール
    キッドナップツアー 劇団うりんこ 2019年3月1日(水) 市民会館市民ホール(予定)